<   2008年 01月 ( 39 )   > この月の画像一覧


暫定税率

Excite �G�L�T�C�g : �����j���[�X

委員会可決した法案が、本会議を開かないとは、立法府も地に落ちたな
委員会審議で何故可決したのか、
その意義を委員会メンバーはちゃんと国民に報告して欲しいよ

そもそも、暫定税率の期限が来たからと言って
自動的に継続しようとする考えそのものがおかしい
暫定や、期限付きなのは、何かの前提条件があるからこそだ
その前提条件は何だったのか?
前提条件が変わったのか、変わらなかったのか
そう言う議論をして欲しいよね
税収が減るからと言った結果でなくて
これ以上醜い状態が続くと
国民も馬鹿じゃないから、
税金って何?
年金と同じく払わなくても良いんじゃないか?
って気持ちになっちゃうぞ

by tatsuya3d | 2008-01-30 22:57 | Newsを見て | Trackback | Comments(0)

役所独裁国家

「年金大崩壊」と「消えた年金を追って」という本について言及している
http://www.nikkeibp.co.jp/sj/2/bookreview/36/
を読んで
役所天国なんだ日本は
人の金なら、どんな風に使っても良いと思ってるんだよな
予算が通れば都合の良いように使う
本当に計画立ててたのかな
誰のためにその予算を執行するんだろう
国=役所???
国=国民ってなことじゃないんだろうね
独裁国家だよなぁ日本、役所の独裁制だあ
国家公務員共済年金や地方公務員共済年金は、
手をつけず温存されているという
我田引水だもの、、
自分の都合の良いように法律を決められるし
自分の都合の良いように予算も決める
役所への牽制機構が必要だよなぁ
牽制機構が国民の総意なんだろうけど、これがまとまらないんだよね
税金を無駄に使って欲しくない
税金を取られたくない
払った年金の額だけはしっかりと払って欲しい
って言う創意のはずなんだけどな。。

by tatsuya3d | 2008-01-30 22:38 | Newsを見て | Trackback | Comments(0)

25円でも

暫定って言う意味、辞書で引いて欲しいね
Exicite辞書で
大辞林 第二版 (三省堂)
ざんてい 【暫定】
正式に決定するまで、仮に定めること。臨時の措置。
だよね
ずっと正式にしないまま放っておいて
期日が来たから、また暫定なんて変じゃない
暫定、タヌキの皮算用をアテにして予算を組むなんてあり得ないでしょ
それに道路特定財源って言いながら、
道路以外のインフラ整備にも使ってるし
これなら一般財源でも言い訳だしね
更に、地方の道路局のHPをみると
開かずの踏切や歩道のない道路が解消されませんとかPR してるけど
今まで解消してこなかったものが、続けてたら解消するのか?
税金の使い道も必要なところだけにして
経済をよくする=消費が上がる方法をとって
消費が上がることで税金が増えるようにして欲しいよね

by tatsuya3d | 2008-01-29 22:40 | Newsを見て | Trackback | Comments(0)

仮面山荘殺人事件

東野圭吾の「仮面山荘殺人事件」を読み終えました

「愛」
その不確かなもの
信じたくて、失いたくなくて
そして、よりよき事への欲望

一人の娘の死
それにまつわる悲しき事実
何故死ななければいけなかったのか
山荘での出来事が
娘の死の真相を暴いていく

展開は???って感じを受け
更に、結末へ向かう一幕はあっけない。。

「仮面山荘殺人事件」からのフレーズです
「人間というのは他人事の話をする時には冷静だが、自分に密接なこととなると、突然理屈で割り切ることをしなくなります。」
「大抵の人間は、苦痛に耐えてまで何かを成し遂げようとはしない。辛い局面に立たされると、まず責任転嫁し、それからヤケになるか無気力になるだけだ。」
「人間というのは、どうしても手に入れたいもののためなら、時には異常者としか思えない行動にだって出るものなんです。」

他人からは愚かに見えるときに、
一生懸命自分を生きている事は輝いてるときだと思うな

by tatsuya3d | 2008-01-28 21:53 | 東野圭吾 | Trackback | Comments(0)

キバ

平成仮面ライダーの新番組「仮面ライダーキバ」
最近のライダーの新番組が始まるとき、
常に???の感想なんだけど
見続けて慣れてしまう
今回もかなぁ。。
それにしても、女の子が怪人に立ち向かうんだけど
いかにも腰が引けていて、戦っている感じがない
絵に映る娘は解るんだけど
やっぱり、変だよぉ
もう少し、運動神経のイイ子にして欲しいよなぁ

by tatsuya3d | 2008-01-27 21:39 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)

くらのかみ

小野不由美の「くらのかみ」を読み終えました

田舎の家で
親戚一同が集まり相続の問題を話し合う
親戚同士の子供たちが集まり
蔵で遊んでいるうちに、一人多くなってた
一人増えた子供の両親が起こす騒動
面白いストーリーだった

子供の素直さ、正直な感覚は大切だな

「くらのかみ」からのフレーズです
「おとなは常識で割り切れない出来事にあうと、深く考えずに偶然だって言ってかたづけちゃう」
「世の中には、お金を生むこととは無関係な才能や、立派なおこないがあるんじゃないかな」
「富は、よいことも与えて呉もするし、悪いことも呼び寄せもする。気をつけていないと呑みこまれてしまう」
「人間は欲深いんだよ」

人は欲にまみれてる、幸せになりたくてね
その幸せも、どんなのかも解らずに。。

by tatsuya3d | 2008-01-26 13:53 | 小野不由美 | Trackback | Comments(0)

黒祠の島

小野不由美の「黒祠の島」を読み終えました

閉鎖された社会
その中で培われていく伝統
強大な権力と
隠された秘密
巻き込まれていく女性が二人
女性を追う探偵

展開が少しややこしいけど
犯人はかなり容易く推理できた

心の動きの描写をもっとして欲しかったな
起きた事件を後追いで説くだけでなく
起きた事件に巡る女性二人の心情を描けば面白かったのにな

「黒祠の島」からのフレーズです
「大人は、いろいろな思惑や計算で嘘をつく。悪意はなくても、しがらみや義理が嘘をつかせます。」

処世術を身につけていくうちに素直さを失うんだろうな

by tatsuya3d | 2008-01-25 21:10 | 小野不由美 | Trackback | Comments(0)

鳥人計画

東野圭吾の「鳥人計画」を読み終えました

一人の秀でたジャンパー
そのコーチとの人間的な繋がり
ジャンパーとしての資質を科学的に解明し
より多くのジャンパーへの貢献を来したいというグループと
そのジャンパー育成に対しての家族の軋轢

今や科学的と言えば
物事を細分化して、その細分化されたパーツを分析し
データベース化して、より確からしい出来事の組み合わせを追っていく
革新は無いけど、進化はある
コンピューターに任せれば出来るところで人間らしさが失っていく
人間は考える葦であり、考え革新していく事に意義がある
行きすぎた細分化により全体像が見えなくなってきてる
全体を見通し
人と人、人と自然、世の中の中での人
自分だけでない生き方
そうありたいものだな

この小説の楡井のような生き方が素敵に感じる

「鳥人計画」からのフレーズです
「真面目な選手ほど苦しむ」
「人には適した道がある。そこに存在価値を見つけるべきだ。」

教養を身につけるいわゆる学習は
過去の偉大なる人々の通ってきた道をマニュアル化してなぞる行為
自分が自分であるためには
その学習を通して、自己の強みと弱みの発見を行い
新しい考え方で物事に適していくこと
言うなれば、疑いながら生きていくことなのかも
答えのない人生だけに、自問自答を繰り返していくしかないんだろうな

by tatsuya3d | 2008-01-24 19:10 | 東野圭吾 | Trackback(1) | Comments(1)

毒笑小説

東野圭吾の「毒笑小説」を読み終えました

またもや、お笑い系小説の短編集
笑いの中に少し気の利いたペーソス
「誘拐天国」
「手作りマダム」
「マニュアル警察」
「ホームアローンじいさん」
「花婿人形」
「女流作家」
「殺意取扱説明書」
「つぐない」
「栄光の証言」
「本格推理関連グッズ鑑定ショー」
「誘拐電話網」

「本格推理関連グッズ鑑定ショー」
は、「名探偵の掟」で扱った小説を更にもじってる
一粒で何度でも美味しいよなぁ

「毒笑小説」からのフレーズです
「子供たちは。。。すでに誘拐されとる。学歴社会という化け物にな」
「彼等が最優先とする環境とは、自分たちが快適に住める条件のことだ。」
「長期にわたって悶々としていると、そのうちに憎しみだけが残り。いったいなぜ殺意を抱くにいたったかが不明瞭になってしまうことがあります。」
「どれほどの勇気を必要としたかは、まともな人間ならわかるからだった」

常識に捕らわれず、自分の意識を感じて生きて行くには
周りには滑稽に映るときもあるだろう
強く願うこと、迷わないこと
なかなか出来ないけどやりとげたいな

by tatsuya3d | 2008-01-24 18:59 | 東野圭吾 | Trackback | Comments(0)

 雪の影響なし

良かったぁ
朝起きて、一面真っ白だったら、どうしようかと思ってた
昨日の雪は、夜には止んで、積もらなかったみたい
雨戸を開けると
屋根や地面には2センチほど積もって真っ白
空気はヒンヤリしてたけど
車が動かせるので一安心
例年なら
もう一度ぐらい雪が降って、それから暖かくなるんだけどな
今年はどうだろう

by tatsuya3d | 2008-01-21 22:19 | 今日の出来事 | Trackback | Comments(0)
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line