カテゴリ:湊かなえ( 22 )


ユートピア

湊かなえの「ユートピア」を読み終えました。

鼻崎町という岬のある街に住む3人の女性、すみれ、光稀、菜々子
菜々子の娘 久美香と、光稀の娘、彩也子
に巡る物語

小学校1年生の久美香が、嘘を続けきれるかなぁ??
ちょっと設定に無理がある感じ

「ユートピア」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

by tatsuya3d | 2018-08-05 10:20 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

絶唱

湊かなえの「絶唱」を読み終えました。

南の島トンガのゲストハウスの経営者 尚美と
淡路神戸大震災が転機となった4人の女性の物語

一人ひとりの心は弱い
その弱い心に降り注ぐ太陽と空の青さ、海の青さ
拒まない優しさ
を持つトンガの国が癒やしていく

それぞれのエピソードのモデルがあるみたいだし
「絶唱」は、湊かなえさん地震がモデルかな??

「絶唱」からのフレーズです。
「どんなに絶望的な出来事が起きても、子どもたちが輝いている限り、そこに未来は必ず訪れる。」

[PR]

by tatsuya3d | 2018-07-21 10:21 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

山猫珈琲 下巻

湊かなえの「山猫珈琲 下巻」を読み終えました。

湊かなえのエッセイの続き
下巻には、湊かなえさんが、
脚本に応募して、
初めての佳作作品「レストエレベータガール」
初めての大賞作品「答えは、昼間の月」
が載ってて、小説とは違った読み物で面白かった。
猫のイラストが、旦那さんのだとのこと、、

公募ガイドで、応募し、人とのつながりで書くことを勉強し
集中して、小説も応募して今がある。
それぞれの作家さんの世界があり、
それを読ませていただいている。
作家さんの世界を覗く窓がたくさんあるのか、一つなのかも作家さん個性。
これからも面白い物語と、エッセイを綴ってほしい

「山猫珈琲 下巻」からの気に入ったフレーズはなし。


[PR]

by tatsuya3d | 2018-07-01 10:37 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

山猫珈琲 上巻

湊かなえの「山猫珈琲」を読み終えました。

新聞に掲載したエッセイを、まとめたもの。

住んでいる淡路島に関しての情報満載
生しらす丼
は、食べに行きたいなぁ
伊勢神宮、出雲大社に並ぶ日本の神社があったなんて
伊弉諾神宮
行ってみなくっちゃ。

デビュー作「告白」の誕生と国際化の情報で納得
作家協会が発行する健康保険があるなんて、
そして、作家名が書いてあるなんて、、面白い。

「山猫珈琲 上巻」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

by tatsuya3d | 2018-05-26 23:16 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

リバース

湊かなえの「リバース」を読み終えました。

大学の研究室仲間で出かけた時に起きた事故。
嵐の夜の山の別荘から、
遅れてきた友を迎えに行った広沢が、
運転を誤って事故死。

数年後、この事故の関係者全員に告白文が届く
広沢を友と思っていた深瀬は、
友の広沢を知らなかったことに気づき
広沢を知ることに翻弄していく

うーん、
胡麻の花の蜂蜜は、ゴマアレルギーを引き起こすのかなぁ?

「リバース」からのフレーズです。
「軽く訊けるのは、自分に自信のある人だけだよ。」


[PR]

by tatsuya3d | 2018-01-20 10:18 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

物語のおわり

湊かなえの「物語のおわり」を読み終えました。

結果が書かれていない小説。
小説の環境と、
読む人の環境でそれぞれの結果を作り
読む人の今後の決断となっていく
小説が巡り巡って
小説のモデルの人に渡っていく

次の人はどんな人かと、ワクワク感がある。
展開が楽しい

最近の湊かなえさんの作品は読んでいて
ホッとさせる安心感がある

「物語のおわり」からのフレーズです。
「死ぬことが怖いのではない。ただただ、悲しいのだ。」

[PR]

by tatsuya3d | 2017-09-16 11:37 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

山女日記

湊かなえの「山女日記」を読み終えました。

登山。
何時間もかけて足場の悪いところでも一歩一歩歩んで頂を目指す。
登山で得た何かは忘れられないらしい。
短編集で、リレーのような感じで物語が繋がっていく。
女性が登山をすることに対するこだわりと目的。
同じ行動を共にした時に生まれる絆。
なかなか味わい深い作品。

「山女日記」からの気に入ったフレーズはなかったけれど
登山の面白さは伝わってきた。
でも、登山はしないな。



[PR]

by tatsuya3d | 2017-09-09 23:35 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

ポイズンドーター・ホーリーマザー

湊かなえの「ポイズンドーター・ホーリーマザー」を読み終えました。

母娘の物語6篇
自分の世界が中心で
その世界から見た他人と自分の行動への正当性
たとえ自分の行動が、非社会的だとしても
自分の世界の中心は自分なので、間違ってない
特に
娘から見た母親
母親から見た娘
は、
同じ性で、
やがて結婚はともかく、母と同じ年齢になる娘
過去m,娘だった母
の自分の世界は思い込みがすごいって展開

各短編の結末が、どう反転するのか楽しみながら読んだ

「ポイズンドーター・ホーリーマザー」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

by tatsuya3d | 2017-08-05 16:51 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

高校入試

湊かなえの「高校入試」を読み終えました

公立の進学校でおきる物語
「入試をぶっつぶす」の警告
過去の入試での出来事が
それぞれの立場にあって
入試とはを問いかける
誰しもが入試に立ち会った経験があり、
受ける立場
行う立場
家族の立場
と様々

入試とはなんのため
通過点にすぎない出来事が
その後の人生を変えてしまう

「高校入試」からの気に入ったフレーズはなし。
[PR]

by tatsuya3d | 2017-03-12 09:11 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)

望郷

湊かなえの「望郷」を読み終えました

瀬戸内海の白綱島を舞台にした6つの物語。
瀬戸内海を挟んで本土と白綱大幅で結ばれる島、白綱島

6つとも
家庭に事情のある主人公の出来事
狭い島
古い風習
村八分的扱い
その中での光明に焦点を当てた物語でした

だけど、余り好きになれない物語。
もう少し楽しいものも描いてみてほしい

「望郷」からのフレーズです。
「昔は親の言うことがいちいち気に入らなくて反抗してたけど、今思い返すと、すごくまっとうなことを言ってくれてたんだって、気付くことがあるもん」
「言葉は知らないうちにナイフになる。」
[PR]

by tatsuya3d | 2017-02-18 11:31 | 湊かなえ | Trackback | Comments(0)
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line