カテゴリ:菊地秀行( 4 )


妖魔城Ⅱ妖魔男爵

菊地秀行の「妖魔城Ⅱ妖魔男爵」を読み終えました

妖魔城の続き

約束を守るため
男爵を救出に行く工藤
そこには、難敵が、工藤の聖なるチャクラの発動が必須
何とか切り抜けていく
ひとみは、男爵により、神の血を受け、人に戻ろうとしていた
あと10分で、人に戻れるのに
工藤を助けるため、自分のみを省みず出て行くひとみ
妖魔の中で工藤とくみするオンブと共に難敵に向かう
ようやく男爵を妖魔の中から救出したとき
現実が時を隔てて回り始める
男爵は、年を取ってしまう
その男爵を暖かく迎える男爵の妻

男と女
戦うものたちの中の仲間意識

うーん、ランケン、オンブが出るまで、分からなかった
これ、以前読んだことあるぞぉ。。
[PR]

by tatsuya3d | 2008-05-11 09:46 | 菊地秀行 | Trackback | Comments(0)

妖魔城

菊地秀行の「妖魔城」を読み終えました

え〜〜続き物だったのかぁ
巻末が、途中だぁ
はめられた
と言うわけで、続きの「妖魔城Ⅱ 妖魔男爵」も図書館から借りてきた

妖魔シリーズ
工藤明彦、念法の使い手、木刀「阿修羅」を使い妖魔と戦う
今回は、孤島に呼ばれ
異世界となっている孤島で
こちらのものと向こうのものとの出会いと戦いに戸惑う工藤
一緒に来た南風ひとみは向こうのものに連れ去られてしまった
さて、この結末はどうなるんだろう

続きを読まなくちゃ

「妖魔城」からのフレーズです
「華麗は極めれば哀愁に変わる」

極めてみたいものだな。。
[PR]

by tatsuya3d | 2008-05-10 20:57 | 菊地秀行 | Trackback | Comments(0)

放浪獣(上下)

菊地秀行の「放浪獣(上下)」を読み終えました

うーん、相変わらずのバイオレンスとエロティックだな
それに、いつもながら、発想が新鮮で、そうくるかと感嘆してしまう

今回も謎のヒーロー二人
子供に優しく、過去が不明で
一人は圧倒的な物理的パワー
もう一人は、不可思議な力
これに、普通の未亡人(やっぱり、犯されちゃう)
と、この人妻の娘(これまた、不思議な力がある)
との4人に、
現代の科学が生んだ、サイボーグの超人と
古代の科学が生んだ、超人と
絡んで、戦いと、ある種の仲間意識の中で
一人の霊能力を持つ少女を中心に展開していく
いつもながら、武器の説明は詳しく
戦いの様子も、犯されているシーンも、生々しい
読んだ後には、ん!!と言った感じだけど
何故か引き込まれてしまう
菊地ワールドだった

うーん、気の利いたフレーズが、、ないなぁ
[PR]

by tatsuya3d | 2008-05-10 10:37 | 菊地秀行 | Trackback | Comments(0)

好きなんだよなぁ

菊地秀行の本
ミステリー、ホラー、SF、そしてエロにグロ
混沌とした中に、人間の本質が描かれているようで好きなんだなぁ

爽やかな少年少女向けの作品もあるけど
やっぱりアダルトタッチの作品に引かれちゃう

図書館で東野圭吾を物色してるけど
ちょっとブームになってて借りれない

久しぶりに菊地秀行を読んでみよう
と言うことで
「妖愁」「幽幻街」を借りてみた。
東野圭吾の本と綾辻行人も借りてきたから
正月にかけて読んでいこう
[PR]

by tatsuya3d | 2007-12-09 11:37 | 菊地秀行 | Trackback | Comments(0)
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line