ブラック・ベルベット

恩田陸の「ブラック・ベルベット」を読み終えました

MAZEと同じく
神原恵弥とその旧友、満
と満が雇った現地のエディーが
DFの謎をT共和国で追いかける物語
(トルコなんやけど、何故か伏せ字、都市の名前はそのままなのに??
このシリーズ、そんな感じ)

その物語の中で
恵弥と、満の同じ高校の橘浩文が絡んでくる

このシリーズ
恵弥が謎解くように装ってるけど
まったく恵弥は謎を溶けない
優秀との設定やけど、うーん

爽快さもないし
謎を解いてるって感じもない

「ブラック・ベルベット」からのフレーズです
「誰に対してもオープンというのは、ある意味誰に対しても閉じている」
[PR]

by tatsuya3d | 2016-02-21 13:19 | 恩田陸 | Trackback | Comments(1)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/24157059
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 藍色 at 2017-03-03 12:03 x
最近のこの作者の小説では、おもしろかったです。
すこし物語の厚みが足りない気もしましたが、
キャラの立っている主人公がいるからこそのおもしろさがあります。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line