県庁おもてなし課

有川浩の「県庁おもてなし課」を読み終えました。

なかなか、奥の深い話だなぁ
硬直化した組織。
保守的な組織。
の中で
斬新で、枠を越えようとするには、信念と理解者が必要だね。

ルールを守るだけでは革新は生まれない。
でも、ルールは守るためにある。
どの組織も、永らえるためには、変わっていかなきゃいけなくて
ルールを守るだけでは、成長しない。
暴走せずに成長するには、
規律を持ったルール違反が必要だ。

高知県庁を題材にしているけど、フィクションの世界。
高知県の観光地の紹介っていう場面もあるね。

馬路村かぁ
ちょっと行ってみたくなった。

「県庁おもてなし課」からのフレーズです。
「結果として誰の幸せにもならない空疎な正論だけがまかり通り、地方は動脈硬化を起こす。」
「俺は昔から欲が深いがよ。ちょっとでもようけ得をしたい。」
[PR]

by tatsuya3d | 2014-12-13 22:59 | 有川浩 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/22647265
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line