ゴーストハント1旧校舎怪談

小野不由美の「ゴーストハント1旧校舎怪談」を読み終えました

前に読んだ「悪霊がいっぱい」のリメイク版
内容は変わってなく
登場人物も同じ
言い回しや、
内容の描写方法がちと違う
と言っても、前の作品と見比べてみたわけじゃないので
どこがどう違うとまでは、判らない

同じ内容なのに、何かどこかが違う
主人公 麻衣の心情以外の部分を
若干、第三者風的なト書きになっているのかも知れない

このドタバタ加減が、面白い
「悪霊がいっぱい」時も同じだったけど
コミカルで、リズムがあっていいい
ライトノベル、ヤングアダルト分野
この分野の本は、ドロドロした所がなくていい
それぞれの登場人物のキャラクターを先鋭化して
わかりやすい展開は、アニメ、コミックと根を同じにしているものかな
たしか、アニメにもなっていて、そちらも面白かった記憶がある

アニメを見てから読む
旧作を読んでから読む
初めて読む
どれから入っても、楽しめると思うな

主人公の麻衣と、
ナルとの出会いも偶然ではあるし
ナルの助手(この回では名前が出てきません)
巫女さんの松崎綾子
坊さんの滝川法生
神父のジョン
霊媒者の真砂子
この回は、登場人物の特徴を強く出したプロローグ的な感じ

文中を拝借して、超常現象のお勉強
「いわゆる超能力には五感を超越した超感覚と言うべきESPと、手を触れずに物体に作用するPKとがある。」
ESP:Extra-sensory perception
PK:Psychokinesis
RSPK:recurrent spontaneous psychokinesis

気に入ったフレーズと言うか、へ〜そんな言葉がというもの
「典型的なFOAFですよって」
「フレンド・オブ・ア・フレンドでんがなです。友達の友達」
「だいたいにおいて、『友達の友達』ときたら、ほぼ根も葉もないんだよな」
[PR]

by tatsuya3d | 2011-08-20 10:51 | 小野不由美 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/15302386
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line