麒麟の翼

東野圭吾の「麒麟の翼」を読み終えました

加賀恭一郎シリーズ
日本橋署に移って、3作目
前二回と同様に、日本橋界隈の地所がふんだんに出てくる
題名の「麒麟の翼」は、日本橋に置かれている像の麒麟から
よく東京に行くけど、見たこと無い
今度、出張に行ったら、見てみよう

今回の被害者 青柳武明からの無言のメッセージが、この「麒麟の翼」
男親と息子
ぎくしゃくとした関係になりやすい関係
息子にしていることを理解し、黙って息子のことを思う親
その親のメッセージを知ったときに目覚める息子
そのメッセージが、無言のものであり、帰らぬものからのものであるところが辛い
間違ったことを、自ら訂正し、やり直す勇気
こんな時代だからこそ、正直に生きたいものだ

更に伏線として
信じあえる関係が散りばめられてる
亡くなった父と息子
無くなった恋人と残された者
眠り続けてる友人と見守るもの

このシリーズは、人そのものを厳しく表現しながら優しく見守るところが好きだ
恭一郎と、金森さんとの関係も、今後どうなるんだろう
楽しみな展開だ

「麒麟の翼」からのフレーズです
「もし世の中を甘く見ているのなら安心だ。どこにも光がないと絶望しているほうが、余程心配です。」
「死を間近に迎えた時、人間はほんとうの心を取り戻します。」
「人は誰でも過ちを犯す。大事なことは、そのこととどう向き合うかだ。」

by tatsuya3d | 2011-08-16 09:29 | 東野圭吾 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/15283445
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line