豆腐小僧双六道中 おやすみ

京極夏彦の「豆腐小僧双六道中 おやすみ」を読み終えました

「豆腐小僧双六道中 ふりだし」の続編

小噺ふうに語られるのは変わらない
やや、説明がまどろこしいのも変わらない
でも、物語の面白さは出てきたのかも知れないなぁ

妖怪にまつわる所以に、やたらと紙面を使うので
何の話だっけ?と読み返すこともある

人間が織り成す出来事と
人間の概念(おばけ)が織り成す出来事
そして、概念(おばけ)のはずが、自我を持つ妖怪としての出来事

いよいよ、妖怪が人の概念から独り立ちをして、自ら行動し
人の目の前にも現れるようになった
さてさて、この続きはどうなるのだろう

「豆腐小僧双六道中 おやすみ」からのフレーズです
「前向きであることより、どっちに向いているかの方が大事だと知れよ。間違った方向いて前向きに頑張った所為で取り返しがつかなくなることは殊の外多いんだから」
[PR]

by tatsuya3d | 2011-06-12 10:47 | 京極夏彦 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/14939418
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line