神様のカルテ2

夏川草介の「神様のカルテ2」を読み終えました

面白かった「神様のカルテ」の続編

あらまぁそう来るかという展開
医者も人間
医者も病気になる
ということを追いかけたのかな?

興味深く読めた

大狸先生、古狐先生の大学時代から医者の成り立ての頃の物語も読んでみたいな

屋久杉くんを動かした「夜と霧」読んでみたいな

「神様のカルテ2」からのフレーズです
「良心に恥じぬことだけが、我々の確かな報酬である」
「通らぬ無理なら、腕力をもって押し通せばよい。さすれば転じて道理となるのがこの世の中というものだ」
「目の前にあることを続けていれば、いずれそれが夢へと転ずる。」
[PR]

by tatsuya3d | 2011-04-15 18:59 | | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/14612422
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line