七人の敵がいる

加納朋子の「七人の敵がいる」を読み終えました。

子育て世代真っ只中、終わりかけのひとには、
「うんうん」「そのとおり」との共感が湧き、笑いが漏れる
我が家も、似たようなことがあったなぁと、感慨深い
「子供のため」という目的でも、
父親、母親
自由業、会社務め
年齢
と立場が違えば、意見が違う
1年だけと割りきってたり
ここで、悪習と思われるのを断ち切りたいと
なかなか、身近な出来事で面白かったな

こういう話題を取り上げた物語がもっと有ってもいいかな
殺人ばかりが起きるミステリーより
謎だらけの身近な話題に焦点をあてて

編集者の仕事って
京極さん、北村さんの本に出てきてたけど
やっぱり、夜型で、多忙なんかな
作家と一蓮托生
本屋さんの物語も、もっと読みたい

「七人の敵がいる」からのフレーズです
「類似の失敗を繰り返すような人間は、間違いなく馬鹿の一族である」
「正論というものには柔軟性がない」
[PR]

by tatsuya3d | 2011-01-16 10:11 | 加納朋子 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/13989999
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line