黄昏の百合の骨

恩田陸の「黄昏の百合の骨」を読み終えました

「麦の海に沈む果実」の主人公 理瀬が再び登場
まだ高校生なのに、大人びた感じになってる

理瀬の、祖母が亡くなって
祖母の遺言により、祖母の家に住むことを半ば強制的に受け入れた理瀬
祖母の家には謎の「ジュピター」が隠されていて
そのジュピターの始末を、理瀬は背負っている

祖母の家は、近所の人から「魔女の家」と呼ばれていた
小動物が、謎の死を続けている家
祖母がずっと、百合の花を活けるのを止めなかった家
その百合は、叔母の梨南子が祖母に変わって活けている家

このジュピターの謎と
隣人でもあり高校の友人でもある朋子と
彼女の弟
彼女に憧れる男子生徒
彼女の幼なじみ
憧れている男子生徒が、行方不明になる事件が起きる
やがて、この事件とジュピターが交わっていく
もう一人の叔母、梨耶子の死によって

「麦の海に沈む果実」では、知的な少女って感じだったのに
今回は、怪しい女性の雰囲気を漂わせてた

まあ、いつものことながら、最後の展開が急ぎ過ぎてるけど
展開としては面白かった

理瀬の成長を、また読んでみたい

「黄昏の百合の骨」からのフレーズです
「悪の存続は人間にとって必然であり、自然の理として強く運命づけられているのだ」
「人間は弱く忘れっぽいもの。」
[PR]

by tatsuya3d | 2010-12-25 18:09 | 恩田陸 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sunnext.exblog.jp/tb/13875223
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line