ひとめぼれ

畠中恵の「ひとめぼれ」を読み終えました。

町名主の跡取り麻太郎の物語

今回は
麻太郎の親友、同心の相馬吉五郎に絡む相馬家の物語
義父 小十郎町名主の清十郎の嫁取りの物語
男と女はややこしいなぁ
家を継いでいくとうのも大変だし

丸三の妻 お虎
清十郎の妻 お安
がしっかり活躍してた。 
またしても、
麻太郎には交わる娘は居なかったなぁ

「ひとめぼれ」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

# by tatsuya3d | 2018-01-13 10:12 | 畠中恵 | Trackback | Comments(0)

危険なビーナス

東野圭吾の「危険なビーナス」を読み終えました。

獣医師 手島伯郎は
父違いの弟、矢神明人が帰国して失踪中だと
明人の妻の楓が来て知らされ
明人を救出するために
危篤中の父、康治を見舞い
矢神家の相続問題に首を突っ込むことになる
矢神康治と母 禎子の馴れ初めと、母の死には謎がある事がわかる。

結末は、とても大胆な展開

うーん、獣看護師の陰山元美がいじらしいぞ。。

「危険なビーナス」からのフレーズです。

「根拠のない憶測を口にしても何の意味もないってことです。」

これシリーズ化して欲しいな


[PR]

# by tatsuya3d | 2018-01-13 10:03 | 東野圭吾 | Trackback | Comments(0)

錆びた太陽

恩田陸の「錆びた太陽」を読み終えました。

原発テロで、
汚染された制限区域を管理するロボット8体「ウルトラエイト」
制限地域で、ゾンビ化した人の果、マルピー
制限地域に調査に来た国税庁の財護徳子
徳子は、目的を持って、入ってきた
制限地域内で起きている不穏な動き
マルピー、ウルトラエイト、徳子が絡んで展開されている

ロボットが、感情の初歩を覚えるといったところは
ディープラーニングの教師なし学習に似ていて
なかなか興味深い表現になってた

「錆びた太陽」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

# by tatsuya3d | 2018-01-13 09:51 | 恩田陸 | Trackback | Comments(0)

十二大戦

西尾維新の「十二大戦」を読み終えました。

何度か西尾維新さんの本を手にしては
結局、読まずが続いていたけど
TVアニメの十二大戦を見て
原作を読みたくなって、初めて読破。
内容は、アニメと同じ。

申の戦士の砂粒、もっと活躍してほしかったなぁ。
アニメにしかない最終話は、単行本にはあるのかな?

ちょっと読みにくい文章もあるけど楽しめた。
維新さんの本、シリーズ物が多いから、途中から読むのをためらっちゃう。

[十二大戦]からのフレーズです。
「正しき者はみな、①すると決めて、②する。」
当たり前だけど、そうだよね。

[PR]

# by tatsuya3d | 2017-12-31 13:29 | | Trackback | Comments(0)

十二大戦

西尾維新の「十二大戦」を読み終えました。

何度か西尾維新さんの本を手にしては
結局、読まずが続いていたけど
TVアニメの十二大戦を見て
原作を読みたくなって、初めて読破。
内容は、アニメと同じ。

申の戦士の砂粒、もっと活躍してほしかったなぁ。
アニメにしかない最終話は、単行本にはあるのかな?

ちょっと読みにくい文章もあるけど楽しめた。
維新さんの本、シリーズ物が多いから、途中から読むのをためらっちゃう。

[十二大戦]からのフレーズです。
「正しき者はみな、①すると決めて、②する。」
当たり前だけど、そうだよね。

[PR]

# by tatsuya3d | 2017-12-31 13:29 | | Trackback | Comments(0)

サロメ

原田マハの[サロメ」を読み終えました。

戯曲[サロメ」を下地に
作者オスカー・ワイルド
画家オーブリー・ビアズリー
の出会い、結びつきを
オーブリーの姉メイベルの企て
を描く物語

何という姉、娘なんだ。
弟を、ワイルドをそして、ダグラスを奈落の底に貶す。

そういう物語を発見したという形を取ったのは面白かった。

「サロメ」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

# by tatsuya3d | 2017-12-23 15:25 | 原田マハ | Trackback | Comments(0)

さいとう市立さいとう高校野球部 おれが先輩?

「さいとう市立さいとう高校野球部 おれが先輩?」

このシリーズの3作目
温泉の話が混じって物語の展開が遅くて、
物語自身の厚みが薄いんだよね。
あさのさん特異の高校野球の部活の話なんだけど。。

ピッチャー優作とキャッチャー一良の成長を描いていて
新入生で、新たにピッチャー妙鉱 キャッチャー長瀞が加わり
新しい展開への話

このシーリーズの優作の趣味さえついていければ面白いんだけどね

「さいとう市立さいとう高校野球部 おれが先輩?」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

# by tatsuya3d | 2017-12-16 10:54 | あさのあつこ | Trackback | Comments(0)

スポットライトをぼくらに

あさのあつこの「スポットライトをぼくらに」を読み終えました。

親が街でやや怪しげな企業経営をしている秋葉樹を中心に
頭の良い友達の達彦
なにかと樹を気遣う美鈴
それぞれが、大人とは何かを模索しながら中学時代を過ごし
大人の第一歩の20歳までの物語

樹は父親の経営するバー「フラワーヘブン」の踊り子 
ナンシーに出会って、大人になったらを夢見るようになる

やがて20になって、樹、達彦が故郷での再会
樹は、親の企業の立て直しをし
樹は父親の経営するバー「フラワーヘブン」を
踊り子が真に踊れる場所にすると。。

樹にナンシーを探してほしかったなぁ

「スポットライトをぼくらに」からの気に入ったフレーズはなし。

[PR]

# by tatsuya3d | 2017-12-09 10:14 | あさのあつこ | Trackback | Comments(0)

アキラとあきら

池井戸潤の「アキラとあきら」を読み終えました。

同族会社で大手の企業の長男 階堂彬
倒産してしまう下請けの町工場の長男 山崎瑛

自分の人生を切り開きたい
誰かの助けになりたい
との思いで、銀行員となる二人

同族経営での親族間のいざこざで階堂の会社の危機が訪れ
階堂は社長業に
山崎は階堂の会社を助ける庵を描く

銀行業務が、山崎瑛が描く通りの場所なら
銀行という業態は、あこがれの場所だな

「アキラとあきら」からのフレーズです。
[一度成功を収めたものは、逆にその成功体験に縛られ、失敗する。」
「間違いを認めること自体が解決策なのに、それに気づかないこともある。これもまた間違いのひとつなんだよ。」




[PR]

# by tatsuya3d | 2017-12-09 10:04 | 池井戸潤 | Trackback | Comments(0)

終わりなき夜に生まれつく

恩田陸の「終わりなき夜に生まれつく」を読み終えました。

「夜の底は柔らかな幻」の数年前の話。
それぞれの能力者が、その能力とどう対処してきたかを綴る。
「夜の底は柔らかな幻」では、葛城しか印象がないので
神山、軍勇司がどうだったのかが、、、思い出せないけど、
持って生まれた特徴をどう活かすか
周りの人から影響を受ける。
自分のこだわりを貫く。
生き様は様々

終わりなき夜に生まれつく」からのフレーズです。
「噂ってのはさ、どんなガセネタでも、どこかに一粒ぐらいのは真実が含まれているものなんだ。」



[PR]

# by tatsuya3d | 2017-11-11 08:58 | 恩田陸 | Trackback | Comments(0)
line

「生活」でおきる、個人的な意見、感想、出来事をつづる超個人的記録


by tatsuya3d
line